スクラップandビルド
ビジネス書

2008年10月05日

打倒!! 福山雅治

アンチエイジング 福山2.jpg




実におもしろいっ



ご存じ、福山&柴崎先生



別に映画を見てきた訳ではなく、
福山の声に対抗しようとボイススクールに通っております。
http://www.businessvoice.jp/


出来る事は全てチャレンジしていこうと思っております。




そう言えば先々週も記事書いたような。。。
http://alliance-build.seesaa.net/article/107294002.html

なぜ書いてしまったかと言いますと、私のビジネス指針に参考に
させていただいているブログ
【ビジネス書評】鹿田尚樹の「読むが価値!」
http://www.yomugakachi.com/article/107418371.html

に関係する記事があったもので影響されてしまいました。




ビジネスにおいて声は非常に重要と思います。
特に一発勝負のプレゼンとか、または初対面の印象を良くする等。


部下、上司を説得するにもエエ声+論理的に話せば影響力も
大きいはず。

※声ばかり良くて内容がカラなら逆効果です、完璧に。
※他にも仕草とか諸々要素はありますが。



福山の声もそうですが、ビジネスにおいて低めの声の方が
説得力があるそうです。
これは分かるような気がします。

ただ大事な部分においては低い方が良いですが、クライアント
とおちゃらける時なんか、意識して高めの声を出します。

少しはギャップも見せていかないと。
(コレ、結構重要)



そんな訳で自分の声がどのように変わって、それがビジネスに
どう影響してくるかホント楽しみです。





★響いたコトバ


世の中で最も残念な言葉は、
「やってみたらできたかも知れない」である。



『扉の法則』
ジェームズ・スベンソン


横田先生の本に書いてありました。


ワンランク上の問題解決の技術《実践編》
視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ
-横田 尚哉 (著)-


問題解決.jpg






他のブログを見る












posted by 流行商品探検隊 at 13:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
声は、大切ですね。
すぐに行動するところが、すばらしいと思います。

   世の中で最も感動的な言葉は、
   「やってみたらできた」である。

   『扉の法則』
   ジェームズ・スベンソン
Posted by 横田尚哉 at 2008年10月13日 11:06
横田先生

コメントありがとうございます。
また良い言葉もありがとうございます。

直ぐに行動することだけで少数派に
なれるのなら、目標達成のために
動いていこうと思ってます。

もしかしたら「やってみたらできた」、「いろいろ出来てしまった」になるかもしれませんし(笑)

Posted by たっくん at 2008年10月13日 12:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107627319

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。