スクラップandビルド
ビジネス書

2008年10月04日

カモーン! トラブル(2ndシーズン)

問題解決.jpg


カモーン トラブル! の続き
http://alliance-build.seesaa.net/article/107041813.html



前回はプロモーションチームのトラブルでして、、、
まーだ全然先方側の怒りは収まりきれてませんが、
それでもまだ収束に向かっておりまして、、、




って安心してたら




今度は制作チームからのトラブル発生!!



あ”〜〜〜  久しぶりに逃げたいって思いました。


結局はハンドリングしている私の責任のため、一切
言い訳せずにガマンしましたよー かなり。
喉まで出掛かってましたけど『オマエらも悪いんだど〜』
って。


もう向こうの言いたい放題でしたよ、もう。

そらそうだよ、ビジネスだもん。
向こうも稟議まで上げて、私を信じてくれて発注くれてる
ワケだから。

先方側も納期が遅れた事に対して、経理部・企画部から
攻められてるんだろうし。


(今回は期をまたいだのが、先方側の火、、というより烈火
 が燃え盛ってしまった要因です)



もうただただ今回のミスを謝罪し、どうしてこんなコトが
起こってしまったかの(分析)を最初して、先方が望んでいる
最適解を実現できるよう、そのコトだけを考えてました。
(良い未来をイメージしてました)



今日の夜になり、なんとかリカバリーできるような最適解が
見つかり、来週こそは実地に基づいた納品ができるかなあー

って所です。


ある程度、人に任せる仕事でも自分が全工程をハンドリング
するのは当たり前として更にはその工程ごとの指標を
クライアントが望んでいるレベル・空気感について
作業をする人にまで細かく伝える必要かあるかなー 
と思いました。


そんな時に読み返した本。

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》
視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ
-横田 尚哉 (著)-



★響いたコトバ


特にアウトプットでは、相手の立場で考えなければなりません



こちらが良かれと思ったコトが、先方にホントに役に立つ
ものなのか、、、


深く、更にふかーーーーく考える必要があるようです。





あ”〜〜〜〜 3rdシーズン突入です!!






精神的に疲弊中















posted by 流行商品探検隊 at 07:16| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相手のことを考えることの難しさは、
私もよく経験しています。

世の中の多くのトラブルは、こちらが
良かれと思ったコトが、先方に伝わって
いないことが原因です。

たっくんさんの思いが先方に早く理解
されると良いですね。

私の本を足がかりにして、たっくんさんが
いまよりさらに、ワンランク上がられる
ことを願っています。
Posted by 横田尚哉 at 2008年10月05日 10:25
横田先生

コメントありがとうございます。
相手が感情やメッセージをあまり出さない
人ですと、より難しいです。

ヒアリング不足と言ってしまえば、
それまでですが。

先生の本を武器に更に自分なりの
『ワンランク上の問題解決の技術』を
見つけていこうと思っております。

Posted by たっくん at 2008年10月05日 13:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。